中古の軽自動車購入で失敗しないために身に着ける知識

初めての車は軽自動車がおすすめ~中古車購入時のチェックポイント~

カップル

試乗して確かめよう

購入前に試乗を行うことのできる中古ショップもあるので、運転のしやすさや乗り心地をチェックしましょう。乗り心地の良い車を選ぶことで長く使用することもでき、愛着を持って大切に使用していくことができるのではないでしょうか。

購入する場合は細かい部分までチェックしよう

自分の気に入ったデザインや使用用途に合った車種を見つけた場合でも、すぐに購入を決めることはおすすめできません。中古車を購入する際は、クオリティにも注目しなければ買った後に公開してしまう可能性もあるからです。また、メンテナンスの状態や事故歴などを確認しないで購入してしまうととても危険なので、購入の際はその部分もしっかりと確認しておきましょう。

中古の軽自動車を選ぶ際に注目する部分

  • 車両本体以外にかかる諸経費
  • 事故・修復歴
  • 燃費の良し悪し
  • 年式
  • 走行距離
  • パーツの状態(タイヤ・カーナビなど)
  • 走行の性能
  • 外装・内装の状態
  • ボンネット内の状態
  • 購入後の保証

中古車購入のチェックポイント

事前リサーチが大切

初めて中古車を購入するという方は、事前にどんな車があるのかリサーチしておきましょう。そうすることで自分好みの車種やカラーを決めておくことができます。また、事前に目星をつけておくことで、カーマットやカーナビなど、他のパーツを同時期に購入する際もスムーズに選ぶことができます。

保証内容を事前にチェック

ドライブレコーダーなどの道具を購入する際も保証期間のチェックが大切ですが、車を購入する際もきちんとそのショップの保証内容をチェックしておくことが大切です。車を購入後にトラブルが起きてしまった場合でもすぐに対応してくれるかどうか、購入前に確認しておきましょう。

事故歴と修復歴に注目

安いからと言って価格だけに注目して購入してはいけません。中古の軽自動車を購入する場合は、事故歴と修復歴について確認するようにしましょう。事故歴がある車は、修復を行っていたとしても大きな衝撃により他の箇所がダメージを受けている可能性があるからです。

走行距離と年式のバランス

大事なチェックポイントに、走行距離と年式もあります。走行距離が少なくても年式が古ければ性能が劣っている場合もあります。また、年式と走行距離のバランスが整っていない車もあまり状態が良くない可能性があります。1年で1万キロ前後走っている車が最も良い状態の車と言われているので、走行距離と年式のバランスはしっかりとチェックすることをおすすめします。

まとめ

軽自動車でもその他の道具を購入する際も、自分なりのチェック表を作っておくことでより良いものを購入することができます。事前に下調べをしっかりと行い、どの車が良い状態のものなのかはっきりと理解しておくことで、購入時に店員さんの意見を参考にしながら自信を持って自分好みの車を選ぶことができるでしょう。

[PR]人気のドライブレコーダーを公開中
購入後3年の保証サービス付き☆

[PR]中古軽自動車を低価格でGET!
納車までの流れを見てみよう♪

広告募集中